fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

火焔輪の瞑想:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

火焔輪の瞑想

火焔輪の瞑想をした。

これは、なかなか良いものだな。色々、感じた。まず、熱を火焔輪に、転写することで、僕自身が冷静になれる。
興奮を冷ます沈静効果。さらに、激しい情熱を安全に持つ効果。
激しい情熱、燃える気持ちは、体・心の負担になる。

同じ温度、熱量を保ったまま、僕の周囲に置く。これで、炎としての利用は可能。僕の周囲で僕を守り、物事を推し進めるエネルギーとなる。

さらには、無尽蔵のエネルギーを、僕の現在の心・体のキャパシティーを超えて、利用できる。例えば、大勢の魂、人々の情熱、炎。
そうした炎は、僕の現在の心のキャパでは、とても受け止めきれない。壊れてしまう。
そんな他の人たちの炎すら、この火焔輪の直径を大きくし、自分から離すことで、安全に取り組むことが出来る。

さらに、この火焔輪は、神聖な力でもある。
つまり、神聖な炎を利用でき、守ってもらえる。自分のキャパをはるかに超える炎、力を身に纏う、そんなイメージも。

さらには、仁王様というか、火焔輪を背負った神仏のイメージも重なる。

そんなイメージが、僕に必要な勇気を与えてくれるみたいだ。

  1. 2002/08/23(金) 15:21:35|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<抜ける感じ | HOME | 感情を抑えない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meditation88.blog23.fc2.com/tb.php/99-4e9e4d14


















無関係の広告→〔