fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

住む世界の定義:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

住む世界の定義

トランスを深める呼吸は、急速に。遠慮することはない。
アクセルを吹かしたように、どんどんとトランスが深まる。

タイムマシンの瞑想。
これは、やはり、想像力を使うこと。1時間前、1日前と、そういう炎をイメージする。炎に重ねて、あるいは、横に。鏡をイメージしてもOK。そして、その想像の炎を見る。実体の炎と想像の炎を同時に。いくつもの炎を想像して、同時に見れば、それは複数の炎。無限の数を見ることもできる。

見て、感じて、その想像の炎を実感する。そして、好きな炎(100年前とか)を選びとり、その炎が照らし出す、例えば過去生へ入り込む。
十分に深いトランスに入れれば、過去へも未来へも行けるだろう。
面白いから、あちこちに行ってみよう。

炎の瞑想。笑いの情動反応。これは、ハイアーセルフに通じているのかな? 光で体を満たす。なかなか光りきれない。少しずつ、炎と一体化できているけど、結構、炎になりきるのは、難しい。

なにか自分の固定観念、枠があるのかな? 自分の住む世界を定義し直すこと、客観視することは、難しい。

参考リンク(住む世界の客観視との関連)
善悪中毒の心理学-戦争など葛藤を生む心理


  1. 2002/06/06(木) 07:51:13|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<集中できない | HOME | 笑いと落し物>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meditation88.blog23.fc2.com/tb.php/35-0aec4273


















無関係の広告→〔