fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

神社と苛立ち:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

神社と苛立ち

昨日、待ち合わせまで時間があったので、たまたま近くにあった、とある神社へお参りした。

そこは、日本を代表する有名な神社だ。もう、初詣の喧騒も消え、とても荘厳な気が満ちていた。
―自然に居住まいを正される。理屈抜きに。

手を洗って口を漱ぎ。
二拝二拍手。
手を合わせて目をつぶり、自然に瞬間的な瞑想状態へ。
その神聖な場の光を受け取ろうと。。。

お参りを終えて、さっぱりとした気持ち。

ところが、夕刻ごろから、どうもイライラする。気持ちが苛立つのだ。
もう少しで家人に当たりそうになる。

夜の瞑想は、したがって、この苛立ちをテーマとした。
何が原因で、僕はイライラしているのか?

瞑想をしていると昼間の神社が出てきた。
神聖な場。光。・・・なのに、苛立ちを強く感じる。
神社と苛立ち。いったい、何の関係があるのか???

あ、・・・そうか!

次の瞬間に理解した。
僕は、この光を一生懸命避けていたのだ。
神社の光が、あまりに、まぶしくて、イライラしていたのだ。
昼寝の最中に太陽の直射日光を目に感じて、眠りを妨げられイライラする時のように。

う~~~ん。昼間、僕はただ気楽にこの神社の光を受け止めようとしていただけだったのだが・・・
なんとも、僕は甘ちゃんだった。この光を受け止めようだなんて。

改めて、自分に聞いてみた。お前は、本当にこの光―色とりどりのこの光―に直面したいのか?
答えは、No。
少なくとも、今晩は無理。

むろん、光に直面することが出来ないとは思わない。この光は決して攻撃的なものではないからだ。
・・・でも、今、瞑想の中でこの光に直面したら、今晩、僕は眠れなくなる。

時間をかけて、ゆっくりで十分。焦ることなどないのだ。

・・・それにしても、この神社のパワーはものすごい。
まさに、都内の、日本のスピリチュアルスポットだ。

ま、考えてみれば当然だ。
まったくもって当然のことなのだ。
文字通り、何百万という人々が、「この地で会おう」と約束して散っていったのだから。


・・・この記事を書いている今は、お参りをした翌日。
ここまで書いたら、涙がどっとあふれてきた。


☆この記事は、あくまでも瞑想修行、僕のスピリチュアルな体験に関するものです。一切、政治的な意図はありません。政治的なコメント、トラックバックはお断りします。



  1. 2006/01/28(土) 10:45:05|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<他人の感情 | HOME | 木の葉の瞑想雑感>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meditation88.blog23.fc2.com/tb.php/155-5bcd5c55


















無関係の広告→〔