fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

霊能力者のアドバイスについて:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

霊能力者のアドバイスについて

霊能力者という人たちがいる。

そのアドバイスを受けることも有るだろう。アドバイスを受ける場合、様々な、受ける側の責任・注意点がある。

強調したいことの一つに、「自己責任」というものがある。
アドバイスをどう解釈するか、どう実行するかしないか、これは自己責任なのだ。

逆にいえば、霊能力によるアドバイスには、責任の所在が無い。
これが、霊能力のアドバイスの最大の特徴なのだ。

何を言っているか、お分かりだろうか?

霊能力者は、霊界の誰かからの言葉を伝える。つまりは電話機のようなものに過ぎない。

アドバイスの結果、何が起きようと、電話機の責任を問えるだろうか?
むろん、問えない。
それを問う事は、霊能力者に能力以上のものを要求することとなる。
霊能力者は神ではないのだ。

繰り返そう。霊能力者は、電話機にすぎない。どんなアドバイスをもらおうと、そして、その結果どうなろうと、霊能力者の責任は問えない。

責任があるとすれば、それは霊界の誰かだが、そもそも悪霊だが、守護霊だが、天使だか、彼らの責任をどう問えるというのか?

この自己責任の原則は、霊能力者のアドバイスに限らず、どんな形ででも、霊界のアドバイスを受ける場合、大変に重要だ。

逆にいえば、霊能力者の側も、こうした自己責任の原則をわきまえている相手以外に、不用意にアドバイスすることは、それなりの危険を伴う事を覚悟して欲しい。
見えればつい教えたくなる。その人情、親切心は分かるが、それだけでは、自分を無防備に傷つけてしまうこともあるだろう。

話は飛ぶが、ここから審神(さにわ)という必要性が生まれる。
巫女とさにわ。・・・ということだ。(^^)
  1. 2005/12/02(金) 10:46:14|
  2. 思うこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<嵐と洪水の夢 | HOME | イメージの現実化>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meditation88.blog23.fc2.com/tb.php/145-08d16ac3


















無関係の広告→〔