fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

2009年03月:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

手をつかむ

おとといだかの夢の話。
実家の地下室(実際には、そんなものは存在しない)のようなところ。真っ暗なところで、蛍光灯のスイッチを手探りで探している。
そうしたら、スイッチが見つからないのだけれど、そこに誰かの手があった。
真っ暗なところに、知らない人が潜んでおり、その手を握ってしまう。…これは、相当に気味が悪い状況だ。にもかかわらず、不思議なことに、気味の悪さ・恐怖は感じない。

とにかく、誰の手か、その暗闇から出そうと力を込めたが、相手は抵抗する。不法侵入者なので、無理やり引きずりだそうかとも思ったのだけれど、そこから出してはいけない、暗闇からは出られない。そんなメッセージが伝わってきた。

そこで目が覚めたのだけれど、手の感触があまりにリアルに残っていた。生霊を飛ばして(自分が生霊となって飛んで)、誰かを苦しめたのだろうか。目が覚めた後、そんな可能性に気づいて、ちょっとぞっとした。
反省・・・^^;
  1. 2009/03/10(火) 10:28:44|
  2. 夢日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)


















無関係の広告→〔