fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

2008年09月:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

瞑想を教えることの難しさ

瞑想を教えてくれと言われて、困ることがある。
ありのまま、自分が思うそのままを教えると、かえって混乱させてしまうからだ。
瞑想を深めていく、というのはとても時間が掛かる作業。

そこには、世界観なり、何を信じるかといったことがらが密接に関わっていく。心というか精神というか、それを作り変えるというか。

たとえば、信じなければ見えないことがある。
しかしながら、信じない人間へ、信じろといっても無理。自分にだって出来ない。

信じない人間には、どうやっても見えない世界で、瞑想をしていても、それを説明しようがない。
説明しようとすると、混乱させるだけ。
あるいは、一歩間違えると、新興宗教のようになってしまう。

結局、自分の足で歩いていくしかない。自分が経験した中で、自分を成長させていくしかない。
教えられるのは、本当にごくわずか。テクニック的なことぐらいで。

そして、テクニック的なことというのは、決してそれほど重要ではないのだ!

  1. 2008/09/29(月) 14:40:55|
  2. 瞑想の方法といったこと・雑感|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いくつかメッセージを

最近、夢や瞑想などを通して、いくつかメッセージを受け取っているので、書き留めておきたい。

@人はなんとたやすく、他者に権威を譲り渡し、そして、なんとたやすく、他者の権威を否定するのか。

@信じられなきゃ終わりだよ。

@まだ、可能性はある。希望を持て。

@お前は何年待ったんだ? 2年か? 3年か? 我々は60年以上待っている。
  1. 2008/09/25(木) 09:23:18|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

山頂での瞑想

今日は、山登りに挑戦した。
片道3時間、往復で約6時間の登山だった。

結構、険しい道で途中、かなりくたびれたのだけれど、頂上は、見晴らしがよく、秋晴れで、素晴らしかった。霧というか、雲というか、ふわーっと下から吹き上げられてくる。

誰もいない山頂で、しばらく場所探し。岩だらけでゴツゴツだ。
座るために、具合のイイ岩を探す。

そして眺めが良いところ。気の、素敵なところ。

場所が決まった。目の前に、やや低い別の山が見えるところ。その山に正対する。
風が強く、冷たくて、ちょっと手間取る。

瞑想
山の気を全身に感じる。・・・というより、自分の場が、山全体に広がる。
山と融合・・・

なんとも甘美で、峻厳な、至福の時をすごした。
  1. 2008/09/24(水) 22:46:13|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1回5分で

瞑想のやり方だけれど、1回50分の瞑想を一日1回することと、1回5分の瞑想を1日10回することと、どちらが効果的だと思われるだろうか?

恐らく瞑想の目的、又レベルで異なるだろう。

一回5分じゃ、そもそも瞑想まで行かない、というのが大体のところ。瞬間的に瞑想状態に入れなければ、5分では無理。何をやっているのか分からなくなる。

しかしながら、最近、自分としては、1回5分の瞑想を10回(これは例え)、という具合に、短い瞑想を、日常生活の折々に、というほうに、魅力を感じている。

それこそ、山なり道端の大きな木、魅力的な花なりを見つけたときに、10秒間でも。

生きることは祈りであり、瞑想。・・・距離があるものではない。
行住坐臥なんて言葉もあるね。(^^)
  1. 2008/09/23(火) 15:04:36|
  2. 瞑想の方法といったこと・雑感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2


















無関係の広告→〔