fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

2006年08月:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

今日のメッセージ

今日の瞑想のメッセージ。

焦る必要は無いよ。というもの。 今、比較的時間がある。ちょうど自分を見直し、次へ準備する期間として、じっくりと、ゆっくりと、自分のペースで、OKというもの。

次の準備も、滞りなく進んでいるから。
  1. 2006/08/31(木) 00:32:14|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いくつかメッセージ

今日は、守護霊様に、もし何かメッセージがあれば、とお願いして、受信モードで。
心の中を空っぽにして、森の瞑想のように、感覚を研ぎ澄まして。

いくつかメッセージを貰った。

一つは、瞑想のときだけではなく、困ったときには、その場で、メッセージを求めろ、ということ。その場、その場で、必ず解決が用意されているということ。
メッセージなり、解決は、別に瞑想を通した言葉に限らないということ。

うまく言葉に書けないのだけれど・・・

あらあ、まずい。^^; 数個のメッセージを貰ったのだけれど、他のメッセージを思い出せない。はは。^^;;


  1. 2006/08/29(火) 23:57:15|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何を選ぶのか

瞑想をしていて、選択を、今日はかなり意識した。
何を選ぶのか。

日常生活の一瞬、一瞬の中で、何を選ぶのか。
どこまで選ぶ事を意識し、深く選べるか。

炎の瞑想をしていて、妙に、炎になりきれなかった。
心の中が湿っているのだ。
どこかに、涙がある。

なぜ、涙を選んでいるのか。

そんな対話を深く、深く。

もっと選んでみよう。・・・決意を新たに。
  1. 2006/08/22(火) 23:48:47|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木の葉の瞑想他

まずは、自分自身と未来というか、道を、一致させる瞑想を。
心の持ち方で、自分の進んでいる人生というか、道と、心が不一致になると、袋というか、行き場のない迷路というか、膿というか、迷い込むこととなり、余計な苦労をすることとなる。

道を外れることは、自由なのだけれど、道を外れると、そこに道はない。妄想の世界を、ぐるぐる回りをするだけとなる。

誰でも、少しは妄想の部分を持っているのだけれど、その部分を、自分自身と道を重ねる事で、最小に出来るのだ。

それから、木の葉の瞑想も。
人生の変化とか、不安とかには、この瞑想は大変な力を発揮する。

きらきらと輝く水面。霊界の清らかな水。
その水に、木の葉を受け止めてもらい、溶け込む。

合掌。
  1. 2006/08/18(金) 23:56:51|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロジェクトの魂(たましい)

今、取り掛かっているプロジェクトを瞑想してみた。
どう、理解したものか? プロジェクトの未来は?

そんな風に集中していたら、光の固まりが見えてきた。球体。
いわばプロジェクトの魂。
仕事にも魂というものがある。まあ、仕事にもよるのかも、だけど。^^;

その光の球体を、自分の中に取り込む。・・・プロジェクトは、ここからスタートする。僕の中に、プロジェクトの魂が、しっかりと存在しなければ、核がないこととなる。核がなければ、成功しない。これは、当り前のこと。

面白い瞑想だったな。


それから、この瞑想の前の話。

一人、気になる人がいるので、その人を、瞑想してみた。
瞑想の中で、その人となり、その周りを感じる。

彼のカルマなりが、空間の歪みで見える。

なるほど。空間の歪みの中に、僕がいて、僕の役割も、また見える。
僕の役割は、動揺せずに、でんと構えて、存在を続けること。

そうしなければ、空間の歪みが、混迷してしまうだろう。
カルマがカルマとして働けない。

スッキリした。(^^)
  1. 2006/08/12(土) 00:00:52|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木の葉の瞑想

今日は、久しぶりに木の葉の瞑想を行なった。

木の葉が、空中から落ちていく。どんどんと深く。
自分の心の中の、最近のモヤモヤガ、赤い雲のように見える。
もやもやの中を通り、さらに深く深く落ちていく。

そして、心の奥底の水面に落ちる。

この深さが、今までに経験したことがなかったもの。普段の自分ではアクセスできない深さの水にまで、触れることが出来た。

すげ―な。(^^)
  1. 2006/08/02(水) 22:59:30|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


















無関係の広告→〔