fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

1996年01月:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

車が見つからない夢

これも今朝の夢。

どこかの会社の二泊三日の社内旅行へ招待された。
自分の車を、会社のそばの坂の上の方に駐車。

近くを巡って、帰る段になって、どこへ駐車したか、忘れている。
車が見つからない・・・


靴とか、車とか、見つからないで立ち往生している夢シリーズだ。
何を教えてくれているのかな?

  1. 1996/01/30(火) 13:50:24|
  2. 夢日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

愛が見つからない

今朝方に見た夢の話。

僕は出張中。東京に自宅はある。
高校の友人が登場したりしている。

僕には、愛し合える人がいない。胸を食む寂しさを感じている。
昔の彼女が待っているみたいだ。
他にも僕を待っている人がいる。

でも、僕を愛してくれる人はいない。寂しい・・・


@今、愛に飢えてはいないのだけれど、時折、たった一人で生きているという夢を見る。いつの時代のことなのかなあ・・・
  1. 1996/01/29(月) 13:45:10|
  2. 夢日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小熊とママの木

夢の話。

妻と桜の木の名所を歩いている。
どこか、昔っぽいところで、博物館の中なのかも知れない。
広いところ。

そこにおじさんが来る。おじを僕の両親が相手をしている。
「ドンタクを見ようと思ってましてね」
ドンタクとは、小熊の名前。昔、僕と妻が救ったことがある。
昔といっても、過去生のことだ。
「噛み付くよ」ということだったが、ドンタクはおとなしかった。
そのドンタクが、赤ん坊で親を無くしたとき、育ててくれたのが、ママの木。

ドンタクは、今でもその木をママと思っているはず。
ママの木に連れていってやった。懐かしそうに、擦り寄るドンタク。

う~~ん、いかにもフロイトなら、エディプスコンプレックスだとか言いそうな夢だったな。


  1. 1996/01/28(日) 13:35:17|
  2. 夢日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


















無関係の広告→〔