fc2ブログ
心の癒しと夢、瞑想、精神世界について、です

1995年09月:夢と癒しと瞑想ノート

TOPへ-夢と瞑想、気づきと癒し、精神世界の道程

瞑想に興味を持ってから20年超。 その羊腸の道の風景を、ところどころご紹介していきます。 道を求める人へ、何かの参考になれば幸いです。 書き込みの日付は、もともとの日記の日付です。

夢・・・靴が見つからない

僕は夢の中で女の子。
地下炭鉱で働く。ひどく甘ったれな性格だ。怖がりでもある。
いつも靴を見つけられない。

仲間が僕を置き去りにしてしまう。恐怖に襲われる。真っ暗な中を必死で追いかける。
なぜ待っていてくれないのか、と恨み、被害者意識をもつ。

途中、亡霊の声。仲間は、実は僕をそれなりに一人前にするために、愛の鞭的な気持ちでいる。
そして、仲間の意識が自分の意識でもある。つまり、そうした気持ちを大人の自分では理解している。

ようやく、死に物狂いで仲間に追いつく。仲間は、ゆっくりと風呂(綺麗な温泉のようなところ)に浸かっている。

ところが仲間は追いつかれたので、すぐに出立。

また、靴が見つからない。焦り。
  1. 1995/09/28(木) 10:29:08|
  2. 夢日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ただ歩く夢

ただひたすら歩いている。仲間と。

前の会社の同じ部の女子が一人一緒。髪を染めた背の低い色黒の子。
その子は恋人と手をつないでいる。
雨でぬれた道。
途中、敵もいる。武士に従っている母親が、うち一人の女性を懲らしめようとしたり。
小さな男の子が切り合いをしようとしたり。・・・人の理解を得られない集団。
ただひたすら歩く。

このひたすら歩くという夢、前にも見たけど。。。 何を表しているのかなあ?
  1. 1995/09/19(火) 09:37:05|
  2. 夢日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魂の価値

瞑想中の気づき・メッセージ

言葉で書くと次のようなものか;

戦争の悲惨さ、人生の四苦八苦を思う時、それが魂の学びのためにあるのだから、逆にいえば、個々の魂とはなんと貴重なものか。

あれほどの(苦しい)思いをしてまで、学ぶ事には価値がある。それほどまでに魂とは大切なものか。

全てが、とんでもなく価値がある魂の学びのためならば、現実世界の全てが今、魂の学びのために、べストの環境を提供しているとするならば、この世には光しかない・・・

  1. 1995/09/13(水) 09:30:22|
  2. 瞑想の記録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


















無関係の広告→〔